覚え書き

ねこまんま

2016/03/18(Fri) 01:38

ボク達の漫才を聴いてくださいましてありがとうございました。
今回のねこまんまは禁じ手にしていたコント的やり方を使いました。
今まではかならず雀喜さんと南天がしゃべっている設定でしたが入門志願者と師匠になってしゃべりました。
もう一つ、常に普段の会話に近い漫才を心掛けていましたが、日常会話にはあり得ない二人が声を合わせて突っ込む事をやってみました。
この二つは笑いを生みやすいようですが、プロの方の物真似ばかりになってしまいますし、また今風の若手の方の真似をヘタクソなオジサンがすると望まない滑稽さになるので避けてきました。ノリ突っ込みもそんな恥ずかしさを伴うので使いません
手法も大事だとは思いますが、ネタの台本のおもしろさと間と風合いで楽しんでいただきたいのです。
ボク達はウケなくても生活に関わらないあくまでも趣味の演芸ですからこんなのがいいなと思うままに楽しみながらやらせていただきます

次の舞台がとても楽しみです。
また、どこかでボク達の漫才を聴いてくださいませ。
Next Home  Prev